借金返済の時に収入印紙が必要なワケとは

債務整理の際には、その契約書原本に完済したことを示す記載と、収入印紙を貼りつけるのが一般的です。これは、印紙税法により、お金が動く際にその手続きを証明する文書に税金が課せられることによるもので、基本的には借金返済の場合だけではなく、お金を借りる際の契約書や、代金を支払った際の領収書など、お金が動いたことを示すもの、もしくはその文書によってお金が動くことを示すものすべてに課税されることによるものです。
この税法は契約をスムーズに進めるとともに、金銭の授受という非常に重要な取引を安易に行わないためにその取引自体に課税をして、取引を円滑に行う為に設けられているものです。
一般的にはこの税は法律により金額が規定されており、その金額の印紙を貼りつけることでその税金を支払っているものとみなします。この金額はお金の目的によって異なり、通常の借金や不動産の売買、或いは有価証券の引き渡しなど内容によって異なります。その金額については十分な注意が必要です。
そのため、借金返済の際には返済したことを示す契約書原本に記載をする場合はその契約書原本に、若しくは領収書が発行される場合にはその領収書に印紙が貼り付けられることになります。なお、貼り付けを忘れた場合にその契約が無効となることは無く、借金返済の場合には返済自体は有効となる点に注意が必要です。但し、税法違反としてこれが発覚した場合には本来の3倍の過怠税が発生してしまい、追徴されてしまう点に注意が必要です。

なぜ導入されたの?法律により借入総額の上限が設定される総量規制対象外とは

金融機関にとってお金を企業や個人に貸し付けることにより利息を得るということが基本となる事業であるといえます。その際に得ることができる様々な種類が存在していますが、近年人気の高まっているカードローンと呼ばれるキャッシングサービスについては、非常に高い金利で運用することができる金融商品として金融機関にとっても魅力的な商品となっています。
カードローンを始めとするキャッシングサービスは、緩やかに返済をする仕組みを採用しているため借り手の負担が低減される反面、利息に関しては非常に多くとることができる仕組みになっています。これを避けるためには繰り上げ返済をしなければならないのですが、キャッシングサービスを利用する人はお金がないためなかなか返済することができません。そのため時に多重債務状態になり、借金の返済のために借金を重ねるようになる人が生まれました。総量規制はこのような問題を予防するために設定されました。
そんな総量規制は貸金業法による規制です。従って銀行法によって規制を受ける銀行では対象外となります。総量規制対象外とはこのようなことを意味するのです。銀行では返済能力のない借り手に融資をしない仕組みがあります。そのため総量規制対象外であるからといって様々な金融サービスの契約がしやすい仕組みになっているわけではありません。あくまでも個人の収入以外の信用を得なければならないのです。総量規制対象外とはこのような仕組みになっています。
関連